カレンダー
<< 2017年10月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
最新記事
  1. ■ アットハート婚
  2. ■ 敬老の日
  3. ■ 五山の送り火
  4. ■ ヒマワリ
  5. ■ 生花
  6. ■ 初夏?
  7. ■ 葵祭
  8. ■ 発見!
  9. ■ 京都御所
  10. ■ 『友情の詰まったDVD』
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
  1. ■ 2014/09(2)
  2. ■ 2014/08(2)
  3. ■ 2014/07(1)
  4. ■ 2014/06(1)
  5. ■ 2014/05(1)
  6. ■ 2014/04(1)
  7. ■ 2014/03(1)
  8. ■ 2014/02(1)
  9. ■ 2014/01(2)
  10. ■ 2013/11(1)
  11. ■ 2013/10(2)
  12. ■ 2013/09(2)
  13. ■ 2013/08(2)
  14. ■ 2013/06(1)
  15. ■ 2013/05(1)
  16. ■ 2013/04(1)
  17. ■ 2013/03(2)
  18. ■ 2013/01(2)
  19. ■ 2012/12(1)
  20. ■ 2012/11(3)
  21. ■ 2012/10(1)
  22. ■ 2012/09(2)
  23. ■ 2012/08(1)
  24. ■ 2012/07(1)
  25. ■ 2012/06(2)
  26. ■ 2012/05(1)
  27. ■ 2012/04(2)
  28. ■ 2012/03(3)
  29. ■ 2011/09(2)

CELUX LOVER WEDDING BLOG

五山の送り火 2014/08/14

まだまだ暑さ厳しい今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょう

か?

この季節、祇園祭と並び京都の夏を彩る風物詩として

『五山の送り火』があるのはご存知でしょうか?



一般的には“大文字焼き”という名でしられています。

お盆にお迎えしたご先祖様の霊を、再び浄土へお送りする、

精霊のかがり火を五つの山で焚くという夏の恒例行事です。

時間にすれば、わずか一時間程ですが、静かに燃え続け、その間

京都市内は幻想的な雰囲気に包まれます。

夜空に燃え盛る炎のあかりは、日ごろの騒々しさとは打って変わって、

何とも心を落ち着かせてくれるものです。



この夏の思い出に、一度ご覧になられてみるのも良いではないでしょう

か?

ヒマワリ 2014/08/09

最近、毎日暑いですね・・・。いかがお過ごしですか?

お体には気をつけて、お過ごし下さいね。

さて、8月になりましたが、8月のは花、暑い夏に元気に咲いている

花といえば『ヒマワリ』です。



そんなヒマワリの花言葉は

 “憧れ” “熱愛” “あなたを見つめてる” “輝き”

だそうです。

そして、ギリシャ神話の中にもヒマワリが登場します。

『慈悲の花ヒマワリ』

海神の娘である海の精「クリュティエ」は太陽神アポロンに一目惚れし

ました。

しかし、太陽神アポロンは女神カイアラピに夢中になっていたので、

クリュティエには目もくれませんでした。

恋に破れたクリュティエは、嘆き、悲しみ、9日間も地面の上に

立ち尽くし、アポロン(太陽)を思い、彼を見つめ続けていました。

日の出から日の入りまで、ただひたすらにアポロンを見つめ続けていま

したが、恋は実らず、その間に口にしたのは冷たい露と自分の涙だけで

した。太陽の光を浴び続けた彼女の体は、足が地に根をおろし、とうと

うクリュティエは“ヒマワリ”の花になりました。

その思い絶えずして今もヒマワリは太陽、つまりアポロンを見つめ続け

ているというわけです。

そのじっと立ち尽くす姿から、ギリシャ神話の中では『慈悲の花』とし

て称されています。



悲しみを知って乗り越えた時、はじめて人を悲しみから助け、慈しみ、

救うことが出来る。

ヒマワリのように人に元気を与えられるようになりたいですね。

前へ 1 2 3 4 5 ... 23 次へ